修理シャッターを修理する|手動式シャッターを電動式に切り替えることで生活が楽になります

手動式シャッターを電動式に切り替えることで生活が楽になります

女性

修理シャッターを修理する

倉庫

シャッターは雨風にさらされているものなので、錆びてしまったり、場合によっては何かを巻き込んでしまったりすることがあります。いつも通り使用していても、上げ下げしづらくなったりする場合もあります。少しでもシャッターが重いなと感じたら、今どのような状態でそうなっているのかを調べることが必要になります。シャッターを動かした時に、キーキーと金属音が出る場合、潤滑油が少なくなってしまって、板とレールが直接こすりあってしまっている可能性があります。この場合、ホームセンターなどで売っている、スプレー式のオイルを吹き付けることでスムーズに開閉が可能になります。潤滑油を使用すると、滑りが悪くなってしまう場合があるので注意しましょう。スプレーを吹きかける時は、汚れている箇所を綺麗に掃除してからです。細かなゴミや汚れが原因で、開閉が重くなっている場合もあります。しかし金属のこすれる音ではなく、何かが引っかかるような音がした場合はシャッターの収納ボックスで何かが引っかかっていることが考えられます。そのまま使用していると、故障の原因にもなるので早めに修理業者へ修理を依頼しましょう。シャッターを巻き上げるためのスプリングが劣化した場合も、開閉が重くなります。シャッターは非常に重いものです。その巻き上げを行なうスプリングは普通に使っていても10年ほどで寿命が来てしまいますので、定期的にメンテナンスを行なうことが大切です。部品の交換や、修理することで取り替える必要がない場合もあります。シャッターに異常を感じた場合は、すぐに修理業者へ相談をしましょう。